Web の開発環境では Mac がすっかりお馴染みになっていますが、Windows10 も、Anniversary Update から Windows10 Home でも Bash on Ubuntu on Windows が使えるようになり、まだ完全ではないですが Mac や Linux のような使い方ができるようになりました。

導入方法もとても簡単で、シンプルにまとめてくれているページがありました。

qiita.com

ここに書いてあるとおりにするだけで Windows 上に bash の環境が出来てしまいます。

ちなみに Windows のユーザーフォルダは

/mnt/c/Users/(ユーザー名)

でアクセスできるようになっていて、Ubuntu 上のユーザーとはまた別扱いになっているようです。

Node.js や Ruby、MySQL などもインストールして使えるので「これで Mac じゃなくてもフロントエンドの開発環境が作れるぞ!」と思ったら、残念ながら世の中そう簡単にはできていませんでした。

Linux の知識に乏しい者にとっては、コマンドラインで色々とインストールしていくだけでもそれなりにハードルが高いので、これから少しずつ勉強も兼ねてここでアウトプットしていきたいと思います。